読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見た目で悪役を強いられた男

雑記

 今日テレビを見ていたら『シュガー・ラッシュ』なる映画が近日公開だということを知った。

 見てもらえば分かるとおり、クッパとかエッグ・マンとかどこかで見たことのあるキャラがチラホラ。主人公の“レック・イット”・ラルフは悪役たちのグループセラピーで悪役を辞めたいということを吐露するのだが、その面子に私は一瞬違和感を覚えた。


 ザンギエフは悪役じゃねぇよ!
f:id:the_alias_men:20130309194350p:plain
 確かに見た目は凶悪で、某ゲーム某韓国人犯罪者(前述の某韓国人のチームメイト)と間違えられるのだが、CAPCOM公式設定では彼は善人である愛国者であり、女性に優しく、対戦相手とは必ず真正面から戦う(全身の傷はそのせい)、飛び道具を使わない紳士であり、祖国の英雄である。映画なりアニメなりで悪役になってしまうこともあるのだが、そもそも暴力が嫌いだったり、根が善人だったりする設定が多く、やはり良い人間であることが多い。試合開始直後から、いきなりしゃがみ出して遠距離では飛び道具、中距離では中キックでチクチク攻めてくるエリンギ頭のアメリカ軍人とは人間としての格が違います。
 ちなみに、力頼みの頭の悪い人物と受け取られることもしばしばあるが、これでも名門モスクワ大学である。今でこそ世界ランキングで東大、京大に劣るものの超大国の冷戦時代に学生(後の大統領の後輩)だったことを考えれば、かなりの秀才のはず。その一端か勝利後の台詞でレフ・トルストイのようなロシア文学を引用したり、対戦相手に読書を薦める場面もある。また、メガネを着用し、読書や勉学に勤しむイラストも存在する。後に、日本人女性と結婚し東京都知事なるというとんでもない設定まで存在する。

<参考・関連>
・SUPER STREET FIGHTER IV &AE Wiki - ザンギエフ AE
・ザンギエフ - ニコニコ大百科
・ザンギエフ - Wikipedia


f:id:the_alias_men:20130309202046j:plain
 アメリカでは設定が違うのかね?ロシア人のむさいおっさんはヒーロー扱いされないのか?これもきっとエリンギ頭の待ち軍人の仕業ですな。“レック・イット”・ラルフよりも、そもそも悪役じゃないのに悪役扱いされるザンギエフの方が愚痴をこぼしてもおかしくないような…。



<追記>
・ディズニー映画「シュガー・ラッシュ」にザンギエフが登場!彼は悪役なのか?スト2のあきまん本人が語る!
 アメリカでも悪役かどうかと、一応議論にはなったそうです。まあ確かに「お前の血で大地を赤く染めてやろうか?」なんてのは悪役の台詞だわな。まあ、それを言い出すと「全ての男達は、私の前にひざまずくのよ!」と中華思想バリバリの女性がいたりするわけなんですがw ちなみに彼女に限って言えば今(ストⅣ)でもストⅡと同じことを言ってたりします。