いやなやつ

 おそらく今日は一番関わりたくない種類の人間とニアミスした事案があった。そのせいもあってか、午後の会議は今度は自分に来るんじゃないかと言う不安感から若干頭が痛かった。願わくば、ああいう人間はもっと手前でシャットアウトしてほしい。