教師の大切さ

 最近、仕事で統計を使う必要があってずっと勉強している。と言う事で今日は統計の本をずっと読んでいた。やっぱり勉強は知ってる人に聞かないと理解できないね。ネットで調べることもできるのだが、同じ内容が微妙に違うニュアンスで書かれていたりしてどっちが正しいんだ?と言うのがたまにある。あと言葉の違いとか(例えば、信頼区間と信頼性と信頼係数と、これ何が違うの?)。自分の中では大枠では理解できてたとしても、人に説明できないレベルの知識になってしまっている気がする。本だけで勉強が出来るって言ってる奴はよっぽどの天才か自分を天才だと思い込んでるバカだね。どう考えても無理だもん。

仲裁

 今日は午後から喧嘩の仲裁みたいなものがあったのだが、両方ともそこそこまともなのに相手が嫌いすぎて、相手の行動を悪意あるものとしてとらえてる感があった。世の中の争いごとってこう言うふうにこじれていくんだと思った。

いつから使ってたっけ?

 今日はやっと4月に使う手帳が買えた。もう20年近く同じのを使っているので今更変える気にもならない。いつ頃かは思い出せないが、大学一年生の頃に落として探した記憶があるので確実に10数年は使っている。最初にこの手帳選んだのは適当に決めた程度だったと思うが、今やこれ以外のを使うのが考えられなくなっている。

金は払うからもう勘弁してくれ

 やる気がないのに飲み会の幹事にされ、さらにやる気がマイナス。時間の無駄なんだよね。今年度の飲み会全部逃げてやろうと思ってたくらいなのになんなのコレ?まあ、こうなったら早めに終わるところばっかり選ぶから良いけど。